ハンググライダー

空を颯爽と飛ぶハンググライダー

車で移動中にふと空を見上げた時、空高く鳥のように三角の翼を広げ飛ぶハンググライダーを見ることがあります。
自由にスーッと飛ぶハンググライダーは、見ていて気持ちがいいだろうな・・・と感じ、やってみたい・・・と思う方もいるでしょう。

最近はハンググライダーの機材も非常に安全性の高いものとなってきているので、チャレンジしてみたいという人は多いでしょう。
ではハンググライダーの魅力、特徴を紹介します。

ハンググライダーとはどういう仕組みなのか

アルミパイプの骨組、セールはポリエステル、三角形の機体に吊り下がる状態で滑空するのが、ハンググライダーです。
ハーネスという下半身を包み込むような装具を利用し、うつぶせ状態で機体にぶら下がり、飛行します。

腕の力も必要としませんし、特別、筋力が必要という事もなく、離着陸する時、斜面を助走する事が出来れば、誰にでもできます。
年齢、性別などを問うことなく楽しめるレジャーなのです。

ハンググライダーは、NASAの前進、NACAで宇宙船や切り離しをしたロケットの回収用の翼として開発されたもので、スカイスポーツの元祖と呼ばれています。
1976年、日本でも第1回ハンググライダー日本選手権が行われ、一躍脚光を浴びました。

ハンググライダーとパラグライダーはどう違うの?

パラグライダーは、楕円形の布で骨組がない翼です。
ハンググライダーは、ブーメラン型で骨組がある翼で、飛行スピードが全く違います。
まさしく滑空するというイメージです。

一般的にハンググライダーは、30から40km位のスピードが出ますし、上級者となると高性能な翼を利用しているため、100km位のスピードで飛行できます。
エンジン付きのモーターハンググライダーもありますが、エンジンがついているかいないかの違いで、人の足で離着陸するという乗り物です。

ハーネス内に体を入れて飛ぶので、機体に手で捕まる事もなく、うつぶせの状態で乗ります。
搭乗者は期待を持ち上げている感覚で、斜面を駆け下り離陸、症状気流に乗れば大空のフライトを楽しむことができます。
小鳥は1秒間に何十回と翼をはばたかせて大空を飛んでいますが、ハンググライダーはなぜ、羽ばたき無しで空を飛ぶことができるのか、というと、ハンググライダーの翼は、空気を上と下に分け飛んでいるのです。

上と下に分かれた空気は、翼の後ろに行くと合流します。
翼の断面をみればよくわかるのですが、上の面が下の面より長く作られているので、上の面の空気が下の面よりも早く進まなくてはならず、そこで上と下の速度の違いが発生し、圧力にも違いが出ます。
この違いが上向きに行こうとする揚力となり、この力によってハンググライダーは翼をはためかせることなく空を舞う事が出来るのです。

熱気球

ふんわりと浮く気球、乗ってみたい

熱気球は空を飛ぶ乗り物です。
速度も速くなくふんわりと上空に上がっていき、飛ぶというよりは上空に停止して、空から下界を眺める事が出来るとてものんびりしたレジャーです。

空を飛ぶ乗り物というと飛行域、ヘリコプターなどがありますが、飛行機は速度が亡くなれば墜落しますし、ヘリコプターは機械的なトラブルで浮力を失う事もあります。
気球は空気を暖めて飛ぶという単純な乗り物なので、トラブルが少ない空の乗り物とされています。

「暖かい空気は冷たい空気に比べて軽いので上へ移動する」という原理で生まれた熱気球は、気球の中の温度を調整し、高度を変える事が出来ます。
海外で熱気球を楽しむことができる場所が多いのですが、国内でも熱気球を楽しむことができます。

体験フライトしてみよう

まるで空中を歩いているように空の旅をのんびり楽しむことができる、また360度、パノラマの風景を堪能できるというのが、熱気球の醍醐味です。
ゴンドラに乗っているので、上空で大気と一体になる感覚が強く、大空を漂っているような感覚は熱気球ならではです。

最近は国内でも熱気球を楽しむことができる場所が多くなり、体験フライトも出来るようになっています。
体験フライトでは、空から美しい自然をみたり、普段は見ることが出来ない上空からの景色を楽しむことが出来るというのが特徴です。

熱気球がたくさん集う熱気球の大会なども開催されており、色とりどり、またキャラクターなどのたのしい気球を見ることができ、その景色はとても幻想的です。
夕日が落ちる寸前のフライトは、言葉に言い尽くせないほど美しく、幻想的という言葉がまさしくピッタリの絶景を見ることができます。

熱気球の構造は?

気球の本体である「球皮」というパーツは高強度のナイロンでできています。
その下にはバーナーの熱に強い難燃性の布が利用され、安全性が確保されています。
球皮の頂上部は排気弁と呼ばれる部分があり、浮力の調整を行っています。

熱を送るバーナーは、気球のエンジン部分となっていて、プロパンを液体のまま強制で気化させることによって一気に過熱します。
人が乗車する部分はバスケットと呼ばれる部分で、この部分は軽量で衝撃に強いといわれる藤が利用されています。
熱気球は地上にロープで係留されているので、勝手にどこかに飛んでいくという事もなく、風がかなり強いとなると利用できない事もありますが、観光や体験という事で、熱気球に乗る事が出来るところが多くなっています。
現代の熱気球は、非常に安全性の高い乗り物として作られており、安全にフライト出来るように利用される素材などにも工夫が施され、事故の少ない空の乗り物として、世界各国で観光などに利用されています。

スキーとスノーボード

ウインタースポーツといえばスキー、スノボーです

バブル全盛期、スキーに行くことが一つのステイタスでした。
その後、スキーの後に入ってきたスノボーに若い世代が飛びつき、大人気となり、今ではゲレンデにスノボー専用ゲレンデがあるくらい、日本でも世界でもメジャーなスポーツです。
ゲレンデを颯爽とすべり降りてくる姿はカッコよく、ゲレンデで恋すると街に来てからがっかりするといわれるくらい、スキー、スノボーがうまい人はカッコいいといわれたものです。

スキーもスノボーも、雪の上を滑るという事に変わりありませんが、違いも大きいです。
その違いを知っておきましょう。

スキーとスノボーの違いは何か

スキーは2本の板とストック、専用のブーツを利用します。
スキー板も最近のものは、両先端が少し太くなっているデザインで、中心部が細いカービングスキーと呼ばれるものが一般的です。

カービングスキーの特徴としては、ターンしやすいという特徴があります。
以前は身長にプラス10cmした長さのスキー板を選ぶと良いと言われていましたが、カービングスキーの場合、身長マイナス10cmなので持ち運びやすく、また扱いやすくなっています。

スキーはなんといってもスピードを楽しむスポーツです。
風を切るように滑ってくる間隔はスキーならではです。

スノボーは1枚の板、スノボー専用のブーツを利用します。
両足を板にのせて滑る、ストックがないという事がスキーとの大きな違いです。

スキーは斜面に対し真正面を向いて滑りますが、スノボーの場合、斜面に対して横向きの体制で滑ります。
ゲレンデを斜めにジグザグに動いていくという感覚です。

スノボーはスキーよりも持ち運びが楽で、スピードを楽しむというよりも、テクニックを楽しめるスポーツです。
スピード感も楽しめるのですが、でこぼこのコースではジャンプを決めたり、カットなどのテクニックを駆使する事が出来、よりアクロバティックな魅力があります。
若い人にとってはスキーよりもスノボーの方がファッショナブルで、私服に近いという点も人気の要因となっているのでしょう。

初心者が始めるには

ウインタースポーツを全くしたことがない、初心者という場合、基礎を覚えるという意味で、スキーから始める方がいいかもしれません。
ウインタースポーツはまず、安全に停止できるように転び方から習いますし、雪の上でどのようにバランスをとるのかという事を習います。
そのため、スキーから入っていく方が、スノボーも上達するかもしれません。

バランスがモノをいうウインタースポーツにあって、スキーはストックがあるので、初心者の方にすれば、安心感が違います。
またスノボーは、意外と早くマスターできるといわれますが、スキーはインストラクターに指導してもらう方が安心なので、スキーから初めて慣れてきてからスノボーに行くといいでしょう。