季節を楽しむお花見

お花見は日本の誰もが愛する素晴らしいアウトドア

春になると心がうきうきします。
ランドセルを背負った小学校1年生が意気揚々と学校に通う姿、新しいぶかぶかの制服を着てちょっと緊張気味に学校に向かう中学生、ちょっと大人になった気分で新しい学校生活にわくわくしている高校生、就職を控えて自分がどんな風になっていくのか、自由の中に放たれた大学生、みんなうきうきと、わくわくと、新生活に向かっています。

社会人になって、結婚し、子供を産み育てていく中でも、日本の四季を感じ、月日がたっていくことを実感するのですが、どんなに年齢を重ねても、美しいなと、日本は美しい国だと実感するのは、やはり春でしょう。
春になり、温かくなると一気に薄ピンク色の花を咲かせる桜は、日本を象徴する花です。

一斉に咲いた桜を見て春になったことを知り、一斉に散っていく桜をみては季節の移り変わりを実感します。
古くから桜は、日本人の心に宿り、時に花見をして桜の美しさに酔いどれ、時に散る花びらをみてははかない命を知り、常に日本人の側で咲き誇り散っていく花、それが桜です。

桜を見ると花見をしたくなるのは日本人だからこそ

桜が咲き始めると、花見だ!集まるぞという気持ちになります。
都市部では場所取りをしてでも花見の段取りを整えます。
新入社員の最初の仕事は、花見の場所取りとも言われるほどです。

秀吉の時代、醍醐の花見から始まったといわれる桜の花見、当時は風流なものだったと思いますが、現代はどうでしょう。
花見の後にはゴミが散らかり、酒に酔った勢いで、何でもしていい気持ちになる、季節行事を心からマナーよく楽しんできた日本人はどこへ行った?と、問いかけたくなります。
お花見にもマナーがある、ということを日本人だからこそ、知っていただきたいと切に願います。

桜はお酒がないと楽しめないのか?

満開の桜の下、サラリーマンたちが楽しみにしていたお花見で宴会、これはいいことだと感じます。
綺麗な桜の下、日本ならではの行事を楽しむ、伝統行事を継承しているようなものです。
でも、お花見にお酒が必須ということはありません。

本当にただ桜を楽しむために、お花見に来ている人もいます。
例えばお弁当を持ってお花見を昼間、楽しむという家族連れ、ライトアップされた桜を干渉するカップル、本来桜というのはそのはかない花の短い一生を楽しむものです。

お酒はなくても上等のはずです。
でも春になり、恒例行事のお花見を楽しみたいという心がるなら、周りに迷惑をかけないように飲む、ということが当然のことでしょう。

歌を歌ったり、踊ったり、楽しく過ごすのは花見の醍醐味です。
でも、ごみを持ち帰る、周りの人に迷惑をかけない、時間になったらすっと別の場所に移動する、むやみに広く場所ととらず桜を楽しみにしてる人に対し、遠慮する心も必要でしょう。

桜の枝を酔いに任せて折ってしまったり、シートを桜の根にかけたりするのは大NG行為です。
日本人は節度ある民族といわれているのですから、お花見だといって節度を超すようなことをするのは、日本人の恥だと知りましょう。

エアーボード

冬のスポーツが本当に多く成っています

冬、雪で楽しむことができるスポーツが本当に多くなっていて、日本にもたくさんのウインタースポーツが登場しています。
スノーシューなどは、幅広い年齢その方が楽しめるスポーツとして注目されていますし、その他、エアーボードなども注目です。

スノーシューはかんじきのようなもので、雪の上をのんびり歩いたり、登山に利用する等、幅広く楽しめるスポーツですが、雪の上のスピード感を思いきり感じたいという人には、エアーボードがオススメです。
空気を入れてふくらませたボードにうつぶせになって乗り、雪の上を滑り下りていくというもので、そりのようなものですが、もっとスポーツ要素が強く、スピード感一杯、スリル満点のスポーツです。
滑っていくとき、足からではなく顔から突っ込んでいくように滑るので、かなり勇気が必要ですが、慣れてくるとそのスリルがたまらないようです。

操作は意外と簡単

エアーボードの操作はさぞかし難しいだろうと思う人の方が多いと思いますが、実は、操作はテクニックというよりもカナック的な物で、左右に体重移動で曲っていくというものです。
ウインタースポーツの多くが、体重移動で曲っていく方向を変えますので、コツをつかむと誰でも楽しむことができますし、斜面の角度を選べば、ものすごいスリルを感じる事もできるし、のんびり滑っていくこともできるという臨機応変に楽しむことができるスポーツなのです。

止まる時はどうすればいいか?これは最初に習うと思いますが、うつぶせになっている後ろの足、つま先で雪面をひっかくようにすると減速し、止まる時には思い切って落ちろ!という事です。
ちょっと乱暴なようですが、上級者になれば、ボディボードのように波の上をくるりと回るようにして停止もできるようです。
しかし初心者の場合、まずスピードをつま先で緩めて、ボードから落ちるというのが一番手っ取り早い、止まり方・・・という事です。

全国のスキー場で出来る

最近はこのエアーボードをレンタルできるスキー場も多くなっていて、レンタルで利用できる所ならどこでも滑る事が出来ます。
最初から購入してしまうと、やらなくなったときもったいないので、最初はエアーボードをレンタルできるスキー場を探して、レンタルして体験してみて、楽しいと思うようなら購入した方がいいでしょう。

雪面が凍結していないと滑る事が難しいという事なので、ゲレンデのコンディションを知るという事も必要です。
ホームページで確認する事もできますが、スキー場に直接連絡してエアーボードが出来そうかどうか、聞いてから出発してもいいでしょう。
エアーボードの操作に慣れてきたら、バックカントリーエアーボードに挑戦してみてもいいでしょうし、初心者の方も少しずつ傾斜のあるところで滑ってみると楽しくなるでしょう。

スノーシュー

新しい感覚のウインタースポーツ、スノーシューとは

雪が降ってくるとウインタースポーツが好きな人は、週末の予定を早速入れます。
夜行バスに乗ってスキーに行こう、車にグッズを積み込んでスキー、スノボー、お義母さんは温泉だ!と、冬の楽しみが広がります。
最近はウインタースポーツにも新しいスポーツが次々の登場し、みなさん様々な体験をされていますが、スノーシューも人気があります。

スノーシューは、アウトドアレジャーとして注目され、雪の中をトレッキングできるとして、幅広い年齢層の方に人気です。
スノーシューがあれば、雪の上をバンバン歩いていくことができ、気持よく雪山を楽しむことができるのです。

雪の上を歩くというトレッキングスタイルのスポーツなので、年齢を重ねた方も、小さいお子さんも楽しめる楽しいスポーツです。

雪の上を歩いて楽しむ

雪の上を歩く、というと、日本にはかんじきというものがあります。
雪の上を歩く際に、靴の上に装着するまるで感じ基のようなグッズ、それがスノーシューです。
最近はこのスノーシューを利用して、雪の上を歩いて、雪の降る自然の中を楽しむというトレッキングツアーが行われるなど、非常に人気が高くなっています。

雪がたくさん降る所でも、スノーシューを履いて歩けば、いい運動になります。
雪の上をウォーキングという感じです。
コースを全部回る事が出来れば、達成感も満足感もありますし、冬場運動不足になりがちという人も、スノーシューがあればしっかり運動できます。

どうやって楽しもう

スノーシューは色々な楽しみ方ができます。
例えば、平地をスノーシューを履いて歩く、夏踏み込むことが出来ないところも、冬、雪が覆ってしまえば、その場に踏み込めます。
雪の上にある動物たちの足跡を楽しむアニマルトレッキングなども楽しいです。

登山でスノーシューを楽しむというのもいいでしょう。
きつい山という事になると他に装備が必要となりますので、初心者のうちは安全なルートを選ぶ必要がありますが、雪面に対しグリップ力が非常に強く作られている登山用のスノーシューなら、山登りも可能です。

軽さを優先して作ってあるスノーシューもあり、このスノーシューならスノーシュートレイルランニングを楽しむことができます。
雪の上は走りにくいので、足の筋力をつけたいという人も、いいトレーニングになります。

必要なグッズ

雪の地域に行くのでアンダーウエア、インナー、オーバーパンツなど防寒対策をしっかりしてください。
重ね着しておくと動いて暑くなったときにも対応できます。
必要なグッズは、まずスノーシュー、それに雪の上でバランスをとるためのストック、登山用のトレッキングシューズなどです。

その他、サングラス(ゴーグル)は必須です。
雪は海辺よりも照り返しがものすごいので、目をやられます。
焼くのが嫌という人は、日焼け止めも忘れないようにしましょう。