いざ勝負!サバゲ―とは

サバゲーとは

サバイバルゲーム、略してサバゲーとは、BB弾を撃つエアソフトガンを使って、チームに分かれ敵と見方になってお互いに撃ち合いをするゲームのことです。
基本的に、弾に当たってしまったら退場になるルールとなっており、撃たれたかどうかの判断は自己申告です。
全国各地でサバゲーは行われていますが、統一されたルール等はありませんので、大会、グループ、会場ごとにそれぞれにルールが違います。
サバゲーの楽しさとは、非日常の環境の中ですぐ側にいるかもしれない敵に対してドキドキする感覚があります。

また、運動神経がなくても十分に楽しめるゲームですので、トリガーさえひけば弾が出て初心者でも男女関係なくみんなで楽しめるところが大きな魅力です。
実は、サバゲーは100人対100人というように大人数でも遊ぶことができ、知らない人同士、初めてあう人とも仲良くなれて仲間がつくりやすいというメリットがあります。
サバゲーを行うことで、走ったり、しゃがんだり、隠れたり、適度な運動となりますので日頃体を動かさない人でも心地良い汗をかくことができます。
サバゲーはチームプレイを楽しむことができますので、声を掛け合いながら親睦を深めていくことが可能です。

サバゲーに必要な装備

サバゲーで一番必要なものは、武器となるエアソフトガンですが、弾はBB弾を使います。
様々な種類がありますが、ハンドガンは、軽くて持ち運びしやすい片手で携帯できる小型銃で、射程距離が短い特徴があります。
アサルトライフルとは、長い銃身で、一度引き金を引くと弾が出るセミオートと、引き金を引いている間ずっと弾が出るフルオートの切り替えが可能です。
短い銃身と連射機能を備えたマシンガン、一度に複数個発射できる散弾銃のショットガン、遠くまで弾が届く狙撃銃スナイパーライフル等があります。

サバゲーファッションは人それぞれに好みがあり、動きやすさと肌の保護ができる服装であれば、パーカーとジーンズでも大丈夫です。
基本的なファッションは、迷彩服、タクティカルベルト、ホルスター、シューズ、ブーニーハット、ストール、エルボー等があります。

サバゲーの楽しみ方

サバゲーの楽しみ方は、モノ派とテクニック派に分かれており、モノ派は良い道具を使うことで、銃の機能だったり、見た目の格好良さだったり、人それぞれです。
テクニック派は、射撃精度を高めたり、ゲームをいかに有利に運ぶか身につけたりするタイプを言います。
銃を持たずに旗を持って突っ込んでいくだけでもサバゲーは楽しめるゲームですので、自由に楽しむことができます。
サバゲーの最大の特徴はその非日常にあるドキドキ感ですので、撃ったり撃たれるハラハラ感を楽しめます。

空を優雅に!スカイダイビングとは

タンデムジャンプについて

タンデムジャンプとは、未経験者向けの体験ジャンプのことで、2人用のパラシュートを使用して、インストラクターと二人一組、お腹と背中をくっつけた状態で行う方法です。
初めてスカイダイビングを行うという人は、このタンデムジャンプを用いてジャンプします。
危険なスポーツと思われやすいですが、安全対策を二重、三重にもしてありますので安心です。
空中で万が一気絶をしてしまったとしても、設定高度にきたら、自動的にパラシュートが開くシステム(ADD自動会傘装置)といわれる装置もちゃんと準備して行います。

飛行機ではるか上空まで上ったら、ダイビングをする人であるパッセンジャーが下で、教官のインストラクターが上になります。
そして腹ばいの姿勢になったら、教官と一緒に高度3000メートルから大空にダイブします。
約30秒後にはインストラクターがパラシュートを開いて、10分間程度ですが、体全身でゆったりと空中散歩を楽しむことができますので、まるで空に浮いているような感覚です。
体験タンデムジャンプは、インストラクターに固定しますので、初心者でも安心して飛ぶことができ、眼科に広がる美しい景色を堪能でき、知識がなくても十分に楽しめます。

フォーメーションスカイダイビングについて

フォーメーションスカイダイビングとは、4人から8人のチームで行う競技ダイビングのことで、パラシュートを開くことなく、時速なんと200キロで落ちていくものです。
一定の決められた時間内に、グループで手と足をつなぎ合って、空中でバランスをとって、定められたフォーメーションを組んでいき、スピード、正確さを競う競技となります。

4人1組でチームの4WAYシーケンシャル、さらに8人1組でチームの8WAYシーケンシャルのフォーメーションスカイダイビング競技があります。
4WAYの場合は35秒で、8WAYの場合は50秒でフォーメーションをいくつの隊形が完成できるのかを競いあうものです。
採点方法は、競技者と一緒にエアカメラマンが降下して、ビデオカメラで撮影をした映像を見て国際パラシュート連盟の公認審判が採点を行います。

アキュラシーについて

アキュラシーとは、高度800メートル~1000メートルの上空でパラシュートを開いて、風を読みながら操縦をして地上に置かれている直径たったの5センチの目標に向かいます。
そのデッドセンターに、どれだけ近づけるかを競う競技であり、パラシュートの操縦精度を競うもので、パラシュート競技の中で、一番古いと言われる競技です。
トップクラスの争いでは、目標の中心からわずか1センチ単位で競い合いますので、測定の際には自動計測用パッドが置かれており、より精度の高い判定になります。

キャンピングカーの選び方

キャンピングカーは設備の充実さで選ぶ

これ一台あれば、手軽にキャンプを楽しむ事が出来るとして昔から人気が高いのが、キャンピングカーです。
テントいらずで寝泊まりも可能、料理やトイレなどもついていて、生活をする事ができる程の、非常に便利な車として重宝されています。

そんなキャンピングカーにも色々と種類がありますが、選ぶ際には、設備の充実さで選ぶことが1つのポイントです。
一口にキャンピングカーと言っても、車によっては、あの装備がついていない、この装備がついていないと、困惑することもあるため注意が必要です。

例えば、エアコンやヒーターなどの、どんな季節でも快適に過ごす為の、空調設備は重要になります。
少量の電気で動かすことが出来るタイプ、短時間で一気に快適にする事ができるタイプまで、色々な種類がありますので、機能を比較して見ると良いでしょう。

また、冷蔵庫やコンロなど、調理場に関しても重要なポイントになります。
キャンプの際には是非とも欲しい調理場の機能性は、アウトドアの料理の内容を変えると言っても過言ではありません。
冷蔵庫のサイズを始め、コンロの有無や使い方など、こちらも色々と比較をしてみると良いでしょう。

ゆったりと出来る空間を確保できるかをチェック

設備の他にも、キャンピングカー内が快適に過ごすことが出来る広さかどうかをチェックして見て下さい。
ある程度の空間が確保できていないと、窮屈でゆったりと出来ない可能性があります。

例えば、寝転がれるスペースがあるかどうか、移動をしても有る程度は不便を感じないかどうかなどチェックをすることで、ストレス無く過ごすことが出来るでしょう。
出来れば購入前に、実際に乗車してみて、不便が無い広さかどうかを確認することが大切です。
更に、一人では無くファミリーで乗る場合は、その点も踏まえて車の構造を考える必要があるでしょう。

利用する人数や利用する人に合わせて決めましょう

キャンピングカーは、大きさが種類によって色々とありますので、内部構造の点はもちろんですが、利用者に合わせたタイプを選ぶようにしましょう。

例えば、一人で使うことが多いのか、ファミリーで今後使う予定があるかなど、色々と想像した上で、車を選ぶことが大切です。
トイレなどの有無もそれによって変ってきますので、比較をしてみて、導入するべき施設を考えましょう。

近年のキャンピングカーは、お値段も設備もサイズもピンキリで、様々な種類があります。
いずれの場合も、使う本人次第となりますので、色々と比較をした上で、理想の一台をゲット出来るようにしてみましょう。
場合によっては、設備よりも広さ、広さよりも設備と、優先順位が変る場合もあります。