どこまででも行けそう!自転車ツーリングとは

自転車ツーリングとは

自転車ツーリングとは、スポーツ自転車に乗ってツーリングに出かけることであり、競争でもなく、イベントでもなく、自転車を使った「旅」のようなものです。
行き先を決めていくもよし、無計画に方向だけ決めていくもよし、自転車ツーリングの最大のメリットは、自分の好きなタイミングで、好きな場所へ行けることです。

自転車ツーリングに必要なもの

自転車ツーリングに行くのであれば、ツーリングバイクがお勧めです。
ツーリングバイクは長距離走ることを想定してある自転車で、バッグ等も装着できるようになっています。
また、道路の地形等にも対応しており、安定性のあるフレーム設計となっているのが特徴です。
スポーティなデザインが多く、泥除け、ライト等もついていますので、安全かつ快適な走行を考えた自転車となっています。

お勧めの自転車1つ目は、GIANTグレートジャーニー価格10万円、上体が起きた姿勢ですのでリラックスして効率良く長い時間のツーリングが可能です。
次に、MASIランドナー価格15万9千円、長い目ホイールベースに極太タイヤとなっていて、塗装がどんなにあれていても気にしないで走っていられます。
次はお勧めバッグ、イベラ サイドバッグは、ツーリングバッグで、着脱はなんとクリップで3秒すぐ外せて、全天候型、レインカバー付きで突然の雨にも対応します。
もう1つはモンベル ドライサイドバッグ 20は、防水加工を施したサイドバッグで、濡らしたくない衣類を入れることもでき、前輪と後輪の両サイドに装着できるのが魅力です。

さらに、突然の雨に、モンベル スーパーストレッチサイクルレインジャケットもお勧めです。
驚くほどのストレッチ性を持ち、防水透湿性素材のスーパーストレッチハイドロブリーズを使った自転車専用レインウエアです。
走っている姿勢も楽で、カサカサと嫌な音がしないサイレント仕様なのでツーリングに集中できます。

自転車ツーリングの楽しみ方

自転車は、玄関を開けてその瞬間からツーリングが始まっていますので、近くを散策するだけでもいいですし、何日もかけて遠くへ行くのもありです。
前よりも早く走行したり、距離を伸ばしたり、自分なりに好きなテーマで楽しむことができますので、乗る楽しさを味わえるのが自転車ツーリングの楽しさの1つといえます。
また、自転車ツーリングには出会う楽しみもあり、同じブランドのバイクに乗っていたら声をかけられたり、困っていたら助けてくれたり、自転車ツーリングを通して全国のサイリストと繋がることができます。
自転車のマラソン等に参加するとより仲間の輪が大きくなっていきます。自転車ツーリングとは、ひとり楽しく過ごせる趣味ですが、仲間との出会いもたくさんの出会いが待っているはずです。

海中深くに潜ろう!スキューバダイビングとは

スキューバダイビングとは

スキューバダイビングとは、海の中で手軽に移動できる移動手段の1つであり、圧縮空気の詰まったボンベを背中に持って海中に入り、潜水を楽しむマリンスポーツです。
なお、水中呼吸器を使用せず潜水することを素潜り、またはスキンダイビングと言います。

資格の要・不要

スキューバダイビングを始める為には何か必要だったはず、と思う人がいますが、実は、資格がなくてもスキューバダイビングを始めることは十分に可能です。
スキューバダイビングの中には、資格がいるものと、いらないものがあり、不要なものを選べば現地に行って体験すればいいだけになります。

資格のいらないスキューバダイビングとして、体験スキューバダイビングがあり、体験なのでもちろん資格なしでできるスキューバダイビングです。
これは、スキューバダイビングを経験したことがない人向けに設定されているプランで、海の世界を体験して楽しさを知ってもらおうという趣旨のものになります。
もう1つ、資格なしでできるスキューバダイビングとは、オープンウォーター・ダイバーコースで、これはスキューバダイビングの資格をとる為の最初のコースとなります。

スキューバダイビングの資格が必要なものに、「ファンダイビング」があり、これが一般的なスキューバダイビングのイメージにある要資格のスキューバダイビングです。
オープンウォーター・ダイバーコースで資格をとった後から参加できるものになります。

さらに、アドバンス・ダイバー・コースがあり、これもオープンウォーター・ダイバーコースの資格が必要です。
これは、スキューバーダイバーとしてのレベルをさらにアップさせるコースとなります。
例えるならオープンウォーター・ダイバーコースは初級、アドバンス・ダイバー資格は中級に例えられます。

スキューバダイビングの楽しみ方

スキューバダイビングの楽しみ方は、空気中では味わえない海中の無重力の世界になります。
海水には塩分が含まれる為、真水よりも比重が大きくなりますので、浮きやすくなるという特徴があるのです。
スキューバダイビングのウエイトベルトにより中性浮力をキープしている為無重力状態でバランスをとれています。

また、沖縄の海だとしたら海の中は色とりどりの魚に囲まれていますので、タイミングによってはマンタやジンベイザメに出会える可能性があります。
沖縄の海にスキューバダイビングに行くのなら、ダイビングのスポット青の洞窟へ行くべきです。
自然が作り出した造形美と沖縄の青い海、輝く太陽等、あるがままの自然を感じることができ、鮮やかなエメラルドグリーン、ブルーとはまた違うブルーを見ることができます。