虫除け対策に優れたアイテム

虫除け対策はキャンプに必須!

キャンプを快適に過ごすためには虫除け対策が必須です。
でもどんなアイテムを使えばいいのか迷ってしまう人も少なくないかと思います。
また、当日になって虫よけグッズを忘れていることに気付く人もいるのではないでしょうか。
そんな時は持っている道具を使って、うまく虫除け対策をしましょう。

まずは基本の市販の虫除け対策を行う方法です。
最近ではスプレータイプのほか、テントの前に吊るすだけで効果が得られるものまであります。
ただ、目に見えて効果を確認したい、と言う人は、昔のような蚊取り線香タイプがいいかもしれません。
火の危険などもあるので怖い、という方は電池タイプを使うのもオススメです。

自然の果物で虫除け

薬剤やアレルギーなどが心配、という人には自然の果物を使った虫除け方法をオススメします。
柑橘系と呼ばれるフルーツは蚊といった害虫を追い払う効果が期待できます。
グレープフルーツなどを食後に食べた後は、外皮や果汁をテント付近に捲いておくのもいいです。

柑橘系の果物が虫除けに効果がある秘密は、匂いではなく皮に含まれている油にあります。
これは柑橘精油とも呼ばれ、虫除けグッズなどにも使用されています。
害虫だけではなく昆虫などを追い払う効果があるため、キャンプ時にはとても便利です。

光の使い分けも知っておこう

光がある場所に虫が寄ってくる、と思う人も少なくないはずです。
しかし、ランタンなどの光の使い分けで虫除け効果が得られることもあります。
知らないとすぐに光を消してしまいがちですが、動物から身を守るなど光を常につけておく事で得られる安全もあります。

ランタンを使った虫除け方法としては、光の強さが違う2個のランタンを使うというものです。
明るいランタンを少し離れた場所に設置し、光を抑えたランタンをテント近くに設置します。
すると虫たちは明るいランタン側に集まるため、テント周辺の虫が減るのです。

ハッカ油も効果あり

最近注目を集めているのがハッカ油です。
雑誌などでも度々取り上げられるほど、認知度も高まってきました。
しかし、ハッカ油をどのように使ったらよいのかを知らない、という人も多いはずです。

ハッカ油をつかうには、あらかじめ精製水や無水エタノールなどの液体を用意する必要があります。
精製水・エタノールを9:1の割合で混ぜ、最後にハッカ油を10滴程度入れます。
混ぜ合わせたものは100円均一などで売られているスプレー容器へ入れると、さっと必要なときに使えて便利です。

水に溶いたハッカ油はタオルや服のすそや袖に着けて使うと虫が近寄りにくくなります。
網戸やベランダに吹き付けて使うこともできます。
服などにスプレーする場合には、シミになる場合があるので注意して使いましょう。

このように虫よけ効果の期待できる方法は色々とあります。
場所やその場にいる人に合わせてうまく使い分けましょう。

発想の勝利!革命的なアウトドアグッズ

焚き火が簡単に起こせるアウトドアグッズ

革命的なアウトドアグッズとして最初にご紹介したいアイテムがあります。
それは、カジュアルにコーディネートされた焚き火台です。

見た目の斬新さは去ることながら、特殊耐熱クロスを使うなど実用性にも優れています。
そして持ち運べる焚き火台として販売されているだけあって、とても軽いんです。
この焚き火台の重さはなんと980グラムしかないんです。

この焚き火台は若者を中心に人気を誇っている、モノラルというアウトドアブランドの製品です。
このアイテムは「気軽にキャンプが楽しめる」というコンセプトのもとにつくられています。

例えば、釣りに行きます。
この焚き火台は釣り堀や川、海で新鮮食材を手に入れたときなどに活躍します。
釣ったり、捕まえたりしたその場ですぐに火を起こせて、手軽に調理することができるので大変便利です。

ちゃぶ台も持ち歩ける時代

アウトドアというと、テーブルなど洋風のアイテムが主流です。
「関美工堂」が制作したちゃぶ台は、そんなイメージを一新しました。
折りたたみが可能というだけではなく、耐久性にも優れているため、アウトドアに最適なんです。

直径は70センチと小さめながら、天然素材で作られているこだわりの一品です。
そして持ち歩きができるほど軽く作られています。

キャリーバックに入れてキャンプに持っていくと、あまりの意外さに周りから注目されてしまいそうです。
老舗店舗の粋なアウトドアグッズとも言える、斬新なアイテムです。

イスはかばんに入れて持ち運べる!

今までありそうでなかったのが、かばんに入れて持ち運べるイスです。
どれだけ軽量化しても、結局はテントと一緒に持ち歩くのが限界だと思われていました。
そんな常識を打ち破ったのがHelinoxというブランドです。

チェアワンというアイテムは、重さわずか900グラムの軽量ボディです。
なのに重さ115キロまで耐えられるという、信じられないほどの耐久性を持ったイスなのです。
収納時には手のひらで収まるサイズになるため、かばんに入れて持ち運びが出来るという驚きの収納性を持ちます。

オーストラリアのブランドということもあるのでしょうか?
日本にはないセンスにも納得&脱帽です。

オシャレなテント

人と違ったテントを使いたい、という人には「ヘイムプラネット」のTHE CAVEがオススメです。
見た目はまるで天体観測をするようなデザインをしています。
なのに、実は実用性も高い優れた一品なんです。

広げると大人3人がゆったりと寝られるほどのスペースを持ったテントに変身します。
ちょっと遠出をしたいという時にオススメのテントです。

THE CAVEが持つ最大の特徴は、テントに必要な骨組みの組み立てにあります。
テントの設営作業は、夏場などは虫と戦いながら建てなくてはいけず、苦労する人も少なくないはずです。

しかしTHE CAVEならば、専用のポンプを使って空気を入れて膨らますだけで完成です。
力もいらず、約1分という短い時間で組み立てることが出来るので、女性にもおすすめのテントです。

日々進化するアウトドアグッズには驚くばかりです。
快適になったアウトドアグッズを見ると、遊びに行きたくなりますね。

携帯よりも無線

アウトドア環境では携帯電話は使いにくい

PAK73_blackberry20140531500アウトドアに行く際に重要になることの一つとして、連絡手段があります。
普段なら連絡手段としては携帯電話が使われる事が多いのものですが、アウトドアの場所によっては携帯電波が届いていない場合も多く、利用できないことも少なくありません。
とはいっても、連絡手段がないのではアウトドアに不便な状況というのがどうしても発生してきてしまいます。

そんな時に利用することが出来るのが、無線です。
無線というと免許が必要なことや、使用が難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。
ちょっとした連絡程度に利用する無線なら、誰でも簡単に扱うことができるのです。

ただ、無線機の弱点であるのがその値段です。
自分で購入して利用しようとすると、どうしても高く付いてしまうためになかなか購入することができない人も多いのではないでしょうか?
しかし、実はレンタルで利用できる無線機もあります。
レンタルならコストも安いし、安心して使用できますよね。

無線機のレンタルサービス

このサイトはレンタル無線を行っている業者です。
こちらの業者を利用すると、非常に簡単に無線のレンタルと使用を行うことが出来ます。

レンタルで利用できる無線

レンタル無線といっても、どのような無線があるのかが分からないと利用しにくいかと思います。
先ほど紹介したサイトでは、多くの無線種類が貸し出されていて、利用出来る場面が幅広く考えられます。
例えば日本一電波が飛ぶということを特徴としている業務用簡易無線機や、フリーハンドで利用することが出来るトランシーバーインカム、他にも電話感覚で利用できる同時通話が可能な無線機などもあります。

自分のいきたい場所や、利用する人数などに合わせてレンタルすることで、アウトドアをより便利にすることが出来るでしょう。
携帯電話では電波が通じにくい場所に行くなら、無線機のレンタルも選択肢として考えてみると良いでしょう。