おすすめナイフ

アウトドアナイフはマルチツール

カッターナイフはキャンプでも応用が利くものの、やはり持っいて便利なのがアウトドアナイフです。
使い方次第ではマルチツールとして利用できるため、頻繁にキャンプへ出かける人には必須アイテムでもあります。
ただし、便利だからといって普段の生活で持ち歩いていると、銃刀法違反で捕まってしまうこともあるので注意が必要です。

アウトドアナイフは日本のメーカーから海外メーカーまで、さまざまな種類があります。
どのメーカーのどんなナイフも、サイズや軽さ、利便性などが異なるため、自分が使いやすい一品を探してみてはいかがでしょうか?
アウトドアグッズのお店などでは実際に切れ味を試す事が出来る場合があります。
そのためには事前にお店に確認をとる必要があります。

使いやすさから選ぶ

女性の人がアウトドアナイフを購入するのであれば、使いやすさから選んでみることが大切です。
主に調理用として利用する人にとっては、刃の大きさというよりもスパっと切れるほうが使いやすいかもしれません。
値段も5,000円に満たない価格で購入できるアウトドアナイフもあるのはうれしいですよね。

色々なアウトドアナイフの種類の中で特に調理に便利なのが、ソルジャーナイフと呼ばれるものです。
サムホールと呼ばれる穴がナイフについているため、調理時に手袋をしていてもすぐに開閉が出来るのが特徴です。
中には栓抜きや缶切りまでついているタイプもあるので、自宅でも活用することができます。

頑丈なタイプを選ぶ

男性がアウトドアナイフを購入するのであれば、やっぱり頑丈なタイプが人気です。
長い期間愛用できるアイテムとして、素材からこだわってみるのもいいかもしれません。
お値段は高い物だと10,000円を超えるものまで多種多彩なナイフがあります。

頑丈なタイプのアウトドアナイフの中には、波形に象られたナイフがあります。
キャンプの時にあまり使わないように思われがちですが、ビニールロープなど少し硬いものを切る時に便利な仕様になっています。
色々な目的のために色々なアウトドアナイフがあります。
それぞれの刃を使いこなしながら、アウトドアナイフを自分のものにしてみてはいかがでしょうか?

軽さから選んでみる

男女問わず便利なアウトドアナイフとしては、アウトドアナイフ自体の軽さも重要です。
「アウトドア」というところから考えると、持ち運びをする時にも邪魔にならず、リュックの中など常に用意できる程度のサイズというのも重要なポイントでしょう。
サイズもまちまちな分だけ値段にもかなり差がありますが、気に入ったデザインの物があれば迷わず買ってみるのもいいかもしれません。

そのほかにもメンテナンスの頻度や持ち手の大きさなども大切なポイントです。
キャンプに多く出かけると使う頻度も高くなるため、必然的に購入の意欲が高まると思います。
気になった人は休みの日などにホームセンターやアウトドアグッズのお店へ行ってみましょう。

BBQあると便利なもの

BBQはキャンプの定番!

BBQといえばキャンプ料理の定番メニューです。
火を起こすところからみんなで協力し合い、美味しい料理を作る、キャンプの醍醐味ですね。

とは言え、初めてBBQをする時は、どんな事をすればいいのか分からない人がほとんどではないでしょうか?
そんな時に便利なのが、「BBQお役立ちアイテム」です。

アイテムは言っても、別に特別な物を購入する、ということではないんです。
普段使っているものをうまく使えば、手軽にBBQができてしまうんです。
今回はそんな豆知識を伝授したいと思います。

油性ペンやマジックペン

まずご紹介するのが、油性ペンやマジックペンといったどこの家にでもあるアイテムです。
BBQにペン?と思う人も少なくないと思いますが、これが意外と便利なのです。
勿論可燃性の強い物なので「火のそばには放置しないこと」この点にはしっかりと気を付けてください。

油性ペンやマジックペンの基本的な使い方「名前を書く」、これが意外なほど便利なのです。
紙コップや紙食器などに名前を書きたいと思ったことはありませんか?

誰がどれを使ったのかが一目で分かるので、大人数でのキャンプでも揉めることがなくなります。
また、多くの人が利用するキャンプ地では、ガムテープをテントの入り口付近に張り、その上からペンで名前やしるしを書いておくと便利です。

アルミホイルやラップ類

続いて紹介するのが、アルミホイルやラップ類です。
料理の際には無くてはならないくらい、利便性の高いアイテムです。
言われなくても持っていく、という人は多いかもしれません。

そのアルミホイルの裏技は、鉄板以外にも炭の下に敷いておくことです。
そうすることで片付けが楽にできちゃいます。

ラップは主に食材の保存用として使用します。
それ以外にも、食べ物の中に虫が入らないように使用することもできます。

カッターナイフ

BBQに限らず屋外で過ごす際には、物を切るために刃物が必要になることも少なくありません。
ハサミなど色々な刃物がありますが、その中でも特に便利なのが、普段から工作などにも使うカッターナイフです。
キャンプ用のナイフを持っている人は少ないと思いますが、カッターナイフなら持っている、という人は多いはずです。

カッターナイフは食材以外の物を切る時に便利です。
ビニールロープは勿論、ダンボールや雑草を切る場合でも使うことができます。
ハサミと比べてすぐに取り出せ、さっと利用できるのも便利なポイントでしょう。

欠点は食材を切るのには向いてはいないという事でしょうか。
食材は包丁やナイフの方が切りやすいようです。

このように普段使っているものを利用して、バーベキューをもっと簡単にすることができます。
色々なものを活用して楽しいバーベキューにしてください。

日焼け対策も忘れずに

夏の天敵、紫外線

夏場のキャンプでもっとも苦戦するのが紫外線対策です。
日焼け止めグッズを塗っていても、思わぬ部分から日焼けしてしまう人も少なくありません。
キャンプだけではなく、プールや海といったリゾート地でも、しっかりとした紫外線対策が必要です。

比較的若い年齢の間は「日焼けをしても気にしない」という人も多くいます。
しかし、30代へと年齢が進むにつれて、若いころの日焼けあとが原因のシミになる事も少なくはありません。
美白美人を保ちたい、と言う人は10代・20代の頃からの紫外線対策が重要なんです。

部分的に重ね塗りを

鼻筋や頬といった部分が日焼けしやすい、という人は部分的に重ね塗りをしてみるのも効果的な紫外線対策です。
日焼け止めクリームをまんべんなく塗っているつもりでいても、意外と塗りムラというのは生まれがちです。
とにかく「この場所は焼けたくない」という部分においてはしっかりと重ね塗りをしておきましょう。

まぶたや唇と言った場所は、日焼け止めクリームを塗るときに意外と忘れがちな部分です。
目を開けていれば大丈夫、リップクリームや口紅を塗るから嫌、という事を言わずにしっかりと日焼け留クリームを塗りましょう。
ちょっとでもパンダな焼き目があると、せっかくの美顔も台無しになってしまします。

スプレータイプも便利

「塗りムラが嫌だ、」言う人は、プレータイプの日焼け止めで紫外線対策をしてみてはどうでしょうか?
手軽に吹きかける事ができるので、友人たちとの共有もできて便利です。
見た目的には少し心細い部分がありますが、通常の日焼け止めクリームと何ら変わらない効果があります。

クリームタイプを使うとどうしても手が汚れてしまいがちです。
キャンプ場などで、日焼け止めを塗るために手がふさがってしまうと何も出来なくなるため不便だという意見もあります。
そんな時でもスプレータイプの日焼け止めアイテムなら心配無用です。

飲み薬で紫外線対策

究極の紫外線対策としてオススメなのが飲み薬タイプです。
体の中から日焼けをストップさせるため、クリームなどを塗る手間を省くことができます。
日本ではあまり知られていないものの、海外では比較的主流になりつつある日焼け対策です。

飲み薬タイプは店頭で販売している事が少なく、通販などでのみ購入することができます。
ただし、利用価値の高さを利用した悪質サイトも少なくないので注意が必要です。

販売店や、取り扱っている事務所などがしっかりと記載された場所から買うようにするなど、悪質サイトには十分に気を付けましょう。
また、薬事法など、日本で飲んでいい薬なのかにも十分に気を付けましょう。

10年後、15年後の自分のためには、しっかりとした日焼け対策です。
すっぴん美肌を目指して頑張りましょう。