空の旅へ♪モーターパラグライダーとは

モーターパラグライダーとは

モーターパラグライダーとは、大空を自由に羽ばたいてみたいという夢を叶えるアウトドアアクティビティの1つです。
モーターパラグライダーは、従来のパラグライダーに動力をつけ、大きな扇風機型のようなプロペラの付いたエンジンを背負って動力に用いて飛ぶというレジャーになります。
その特徴は、パラグライダーは山からですが、平らな所でも飛び立つことができるという点で、ジョギングができるくらいの体力がある人なら誰でも気軽に空中へ飛び立てます。
動力飛行ながら、航空機のように規制をうけない為、自由度がうけて人気が高まっていて、講習料や機材費も他に比べると比較的リーズナブルなのも大きな魅力です。

モーターパラグライダーに必要なもの

モーターパラグライダーとは、風という自然を相手に楽しむスポーツで、風を読むことで最大限楽しめるスポーツです。
モーターパラグライダーの免許の取得は、日本ハング・パラグライディング連盟、またはスクールで日本パラモーター協会の公認インストラクターの講習を受けます。
講習費用は約10万円で、免許取得に必要な技術、知識を学習し、半年~1年で取得可能です。
講習を受ける時は動きやすい格好が望ましいとされ、スポーツウェアやトレーナー、ジーンズ等がお勧めです。

講習中は転げ回ることが予想されますので、汚れてもよい格好で、軍手のような手袋を持参し、底がしっかりした靴を履き、タオルと帽子、日焼け止めも準備します。
最低でも10時間以上のフライトが必要で、さらに、20回以上の離陸経験も積んだ後、免許取得を目指します。
パラグライダーのスクールにて学科講習と実技講習を受講したら、テストを受けて合格できれば免許取得です。

モーターパラグライダーの楽しみ方

モーターパラグライダーの免許をとったら、機体と自分のシューズやヘルメット等の装備を揃えてモーターパラグライダーで1人飛び立つことが可能になります。
機材を揃えようと思ったら、だいたい150万円は必要になりますが、一度揃えたら後は必要なものは維持費のガソリン代のみです。
ただし、モーターパラグライダーはどこでも好きに飛んでいいわけではありませんので、特に低空飛行は騒音問題になる可能性がありますので十分に注意が必要です。
モーターパラグライダーで飛び立つエリアに関しては、近隣の人への配慮も求められます。

飛び立つことが可能な場所などは最新情報等を収集して、マナーやルールはきちんと守るようにすることが非常に大切です。
また、初心者や経験の浅い人は、ガイドパイロットと乗るタンデムフライトを選択すれば、技術がなくてもモーターパラグライダーを楽しむことができます。

風が気持ちいい!ウインドサーフィンとは

ウインドサーフィンとは

ウインドサーフィンは、1967年にアメリカのカリフォルニアで誕生したマリンスポーツの1種です。
ホイル・シュアイツアーとジム・ドレイクの2人によって開発され、当初は360センチ以上の長いボードが主流で、弱い風の中をのんびり走るものだったのです。
その後強風や風を利用して高いジャンプをしたり、波でサーフィンをするウエイブセイリングのように様々な楽しみ方が生み出され、全世界にあっという間に広がります。
1984年には、オリンピックの正式種目にもなり、その後は短めのボードが主流になっています。

現在の主流は250センチから300センチで、水面上を浮いているように走るプレーニングというセイリングが中心のようです。
現在のウインドサーフィンのスピードの世界記録は90キロで、モーターボート並となっています。
ウインドサーフィンは、弱い風でゆっくり楽しむこともでき、ロングクルージングや二人乗り、子供から大人まで幅広く愛され、ファミリースポーツとしても親しまれています。

ウインドサーフィンの楽しみ方

ウインドサーフィンの楽しさは、大自然の美しさ、海の恵みを肌で感じることができるという点です。
動力は風のみ、風を感じながら海を走るウインドサーフィンは自然の素晴らしさをみせつけてくれます。
また、風を待っている時も荒れる海を見て恐れを感じるときも、自然の偉大さを思い知るのです。
現代人にとってストレスを解消してくれるもの、ナチュラル、エコロジー、癒しといったものは全てウインドサーフィンに満たされています。

ウインドサーフィンのイベント

ウインドサーフィンは多種多様なレベルで楽しまれているスポーツですが、レースシーンは3つに分けられます。
ワールドレベルのレースであるサムタイムワールドカップ、次に日本のトップレベルの大会であるJPWA JAPAN TOURです。
さらに、種々の草レースは、小さいものから大きなイベントまで全部合わせると300以上です。

ウェイブパフォーマンスは、サーフィンのコンテストと同じくビーチ側で肉眼で見える海面を設定します。
20メートル近いジャンプや空中で回転するエアリアルループ等の大きな技が繰り出される華やかなで、競技は肉眼で見えますので、迫力ある演技を生で感じることができます。
フリースタイルは、波がなくても開催できますが、より過激な技の応酬になるフリースタイル競技は今もっとも注目される競技です。
日本でもサーフィン人工は年々増えつつあり、フリースタイルとウエイブが世界的に注目されています。

特にフリースタイルは近年この競技から世界チャンピオンになるルーキーが増えています。
フォーミュラウインドウサーフィンは、基本ヨットレースと同じで、スラロームレースは、モトクロスのイメージで、とてもスピード感のあるスポーツです。