のんびりつくるカレーレシピ

キャンプと言ったらやっぱりカレー料理!

キャンプと言えば、雄大な自然を楽しみながら食べる料理が楽しみの1つ。
燻製料理を始め、手の込んだ料理を作るという方も多く居ますが、失敗したらシャレになりませんので、貴重な食料を失わないためにも、しっかりとレシピ確認することが大切です。

そんなアウトドア料理ですが、キャンプ初心者にもおすすめの料理が、カレー料理です!
作り方も簡単で、じっくり時間を掛けて作るのも楽しみの1つとして、多くの方が作っている定番料理でしょう。

カレーの基本的レシピは、材料を切って傷めたら、水に材料、カレールーを入れて後はぐつぐつ煮込むだけ。
ご飯を焚くことも出来ますが、面倒であれば、ご飯はレトルトやおにぎり形式にして持っていっても楽でしょう。

水分を使わずに作れる トマトカレー

水分を持っていくのが面倒くさい、重いという方におすすめなのが、水分を使わずに作る事ができる、トマトカレーレシピです。
野菜を適当な大きさに切って、肉と一緒に炒めたら、ざく切りにしたトマト7個、またはトマト缶二缶を入れて、煮込んでいきます。
焦げ付かないようにしっかりとかき混ぜながら、野菜の水分をしっかりと出し、野菜の水分が出てきたら、カレールゥを入れて煮込んで出来上がりです。

野菜の水分のみで作る事ができる非常にお手軽なレシピです。
基本的にはトマトの水分だけでも事足りますが、タマネギなどの野菜もたっぷりと入れる事で、より一層、水分が出るのと合わせて、深みのある味わいになるでしょう。
刻みタマネギを入れると風味が甘くなりますので、是非ともたっぷり入れる事をおすすめします。

アウトドアの定番 ドライカレーがおいしい

アウトドアっぽいメニューの1つとして、ドライカレーが上げられます。
水分を含んでいないジューシーなカレーは、外で食べるにはもってこいの料理です。

まず、タマネギ3球やピーマン、にんじんなどの野菜をみじん切りにして、ニンニクをスライスして、全ての野菜を炒めて下さい。
ニンニクは既に擦ってあるチューブでもよいですが、はねやすいので気をつけましょう。

次に挽肉600グラムを入れて更に炒めていきます。
全ての食材に火が通るまで、しっかりと炒めていきましょう。

食材に火が通り、ニンニクの香りが出てきたら塩こしょうをして味付けし、オイスターソースとケチャップ少々、カレーパウダー15グラムを入れて味をつけていきます。
そして、ターメリックやガラムマサラなど、お好みで香辛料を加えていけば、ドライカレーの完成です。

香辛料の違いで、風味の違うドライカレーが出来ますので、色々とためしてみると楽しめるかもしれません。
外で食べる辛めのドライカレーは、乙な物です。

季節ごとに楽しめる味覚狩り

味覚狩り、家族で楽しみたい

世界各国、地域自慢の食べ物があると思いますが、日本にも地域、また季節に応じた食べ物があります。
冬は「味覚狩り」となると少ないかもしれませんが、春は苺、夏は桃、秋になるとぶどうや梨などを楽しめます。

自分で果物をもいで、その場で頂く、このおいしい事といったら、一度味覚狩りに行った人はきっとそのおいしさを忘れないでしょう。
今回は味覚狩りについて、その魅力や楽しみ方をお伝えします。

可愛い苺を存分に食べて

とったばかりの苺のみずみずしい事、苺狩りに行ったことがある人は、きっと、そのとりたてのアジにびっくりされたでしょう。
苺は実がなっている高さがちょうど、たって収穫できるという高さなので、大人も子供も無理なく楽しめます。
通常どこの苺園でも時間制限ありの食べ放題となっていますが、時間内で十分お腹いっぱいの苺を食べることができます。

1月中旬くらいから2月中旬くらいまで、この位が一番糖分も高くおいしいです。
狙いはガクが反り返り、表面の種が飛び出しそうなモノ、キレイなダイヤ型、大きいモノ(甘い)です。
また苺は、へたの方から口に入れるとより甘く感じます。

ぷるんと可愛い桃を狩る

桃は果物の中でも本当に季節もので、高級というイメージがあります。
でも桃の季節になると、産地ではおいしい桃狩りをたのしむことができます。

食べ放題コースでおいしい桃を食べたいだけ食べらるなんて嬉しすぎます。
桃狩りは7月くらいから8月下旬位までです。

普段からそれほど頻繁に食べることがないですし、本当に季節物となるので、桃の季節を待ち遠しいと感じている人も多いでしょう。
熟した桃は赤く、手触りは弾力を感じるようなイメージ、産毛「もうじ」が光沢を帯びています。

種類豊富なぶどう狩り

桃と並び、人気があるのはぶどう狩りです。
7月上旬位から10月中旬くらいまで楽しむことができるぶどう狩りは、何よりも、品種がとても多いという事が特徴です。
糖度が高く非常に甘い巨峰、みずみずしいピオーネ、濃くておいしいデラウェアなど、普段ガッツリ食べることが出来ないようなぶどうをたくさん食べることができるのです。

おいしいぶどうは、房全体の形が美しく、粒が取れていない物、粒一つ一つにハリがあり、キレイでつぶれ、割れも少ない、ブルームと呼ばれる白い粉がきれいについていて、色が濃い品種の場合、果皮の色が濃く、黄緑系品種の場合、黄色が強い方が甘みが強くておいしいぶどうです。

また日当たりがいいところにあるぶどうで、枝の色が茶色、茎の表面が硬い物を選択すると、おいしいぶどうにたどり着けるといわれます。
ぶどう狩りのほかにも、近くの施設にはバーベキューなど楽しめる施設があるので、調べてから行ってみるといいでしょう。