魚たちに会えるかも!シュノーケリングとは

シュノーケリングとは

シュノーケリングとは、シュノーケルというパイプ状の機器をつけて、浅い海の中を泳ぎながら美しい景色を見て楽しむマリンレジャーの1つです。
スキューバダイビングのように資格も不要で、子供から大人まで幅広い世代で楽しめます。

シュノーケリングに必要なもの

シュノーケルの意味は、潜水艦にある通風の排気装置を表すドイツ語で、形が似ているということでそう呼ばれるようになったそうです。
シュノーケルをする際には、シュノーケルと専用のゴーグル、足ひれのフィン、この3点があればシュノーケリングを行うことができます。
シュノーケリングの目的は海面付近、浅瀬で使用するものですが、スキューバダイビングは潜水を目的としているところが異なります。
シュノーケリングの大きなメリットは、高度なスキルも不要でありながら、器材もシンプルで、お金もさほどかからない点です。

シュノーケリングを行う時に忘れてはいけないのが、バディシステムという必ず2人以上で行動するということです。
バディは仲間や相棒という意味がある英語ですが、体に装着した器材にトラブルが発生した時を想定し、絶対に1人では行動しないように、特に子供は大人と組むようにします。
スノーケリングの前には飲酒は絶対にいけません、また、体長が優れない場合も無理をしないことです。

シュノーケリングの楽しみ方

シュノーケリングの基本のスタイルは、水着を着てウェットスーツ、あるいはラッシュガードという薄いシャツを着用します。
シュノーケリングジャケットや、ウェットスーツを用いることで、浮力でずっと浮いていられますので、子供も泳ぎが苦手な人も安心して遊べて安心です。
あるいは、シュノーケリング体験ツアーに参加するのもお勧めで、熟練のインストラクターによりレッスンやアドバイスを受けることができます。
シュノーケリングは手軽に始めることができますが、その半面、事故も起こりやすくなっていますので注意が必要です。

シュノーケリングで使うマスクは、競泳等で使うゴーグルとは異なり、鼻まで覆われていますので、口呼吸がしやすいメリットがあります。
ただし、口だけでの呼吸は不慣れだと苦しく感じる可能性がありますので、不安な方は実践する前に風呂場でシュノーケルをつけて呼吸をして慣れておくことをお勧めします。
口呼吸ができたら鼻をつまんで目の下まで水につけてみて、水が入っても飲まないように大きく息をすって、大きく吐く練習をして慣れることがポイントです。

最期に、海中の珊瑚や生き物をやたらと触ったり、海を汚すような行為、故意にダメージを与えるような行為も厳禁となります。
美しい海を見に来てゴミを置いていく行為は言語道断ですので、各自でゴミは持ち帰る意識を持つようにすることが大切です。

技をキメろ!スケートボードとは

スケートボードとは

スケートボードとは、車輪が4つ前後について板に立って乗り、滑走することで技やスピード、スタイル等を競うアメリカ発祥のスポーツです。
オリンピックにも追加されたスケートボードは、斜面を組み合わせたコースを滑るパークと、ストリートの2種があります。

スケートボードの歴史

スケートボードの発祥とは、実は定かではありませんが、1940年頃アメリカというのが有力のようです。
昔のスケートボードは、鉄の車輪が板についているだけでグリップはなく、傾斜角もない状態です。
1950年代に入るとローラーダービー社から、ローラーサーフィンという名で、木の板にローラースケートを付けたものが発売となります。
その後今の台車のように車輪が可動したり、鉄製の車輪がゴム製になったりと試行錯誤されて進化を遂げていくのです。

1970年代、第2世代に入ると、パーツに革新が起こり1つはウレタン製のウィールが開発となったことで、これによってグリップ力が生まれることになります。
さらにベアリングがシールドベアリングになり、よりウィールが回るようになったのです。
このことでスラロームやダウンヒルができるようになったスケートボードは一気に世界的ブームを引き起こします。

1980年代、第3世代に入ると、トニー・ホーク、ロドニー・ミューレンさらにクリスチャン・ホソイ等によってトリックという様々な技があみだされたそうです。
さらに、街中でトリックをしながらスケートボードをするというストリートスタイルが始まります。
この頃、音楽と融合したスケートボードのスタイルが若者に浸透し「スケーター」が1種のファッションスタイルとして確率されます。

1990年の第4世代には、ストリートスタイルが完全にできあがり、日本でもスケーターのファッションが受け入れられ流行りとなり、トリックはより複雑化し種類も増えてきます。
2000年第5世代には、世界的サーフィンのブーム到来、日本ではカーバーと呼ばれるスケートボードが大人気となります。

スケートボードの楽しみ方

スケートボードのイメージは、道路等で適当に滑っているイメージですが、最近ではスケートパークが増えてきていますので、滑って楽しめる設備が充実してきています。
スケートパークには、ランプやバンク等、滑ってみるだけで十分楽しめるものも沢山あり、スノーボードにも似た感覚で楽しめますのでスノーボーダーにもお勧めです。
パークとは異なり、何もない場所で技を行うフリースタイルを楽しむなら少しのスペースがあればいいので、どこででも遊ぶことができます。
上手になったら街中で練習しても注目を集めることができて面白いですし、新しい仲間も増える可能性があります。