いざという時の非常食

登山時には非常食が必須

登山を行う時には、万が一のトラブルに見舞われる事も考えておかなくてはなりません。
順調に登山・下山が出来なくなった場合、まずは体力の減少を抑えることを考えましょう。
そんな時に必須となるのが非常食の存在です。

非常食と呼ばれる食べ物は、水分を含まず保存の利く食べ物が多いようです。
普段は食べる機会も少ないため、リュックの中に入れる事を忘れてしまう人も少なくないのではないでしょうか。
ですが、自分の身を守るために、雨具と言った装備品と合わせて、必ず持ち歩くように心がけましょう。

手軽にカロリーを摂取

非常食としてオススメなのが、手軽にカロリーを摂取できる食べ物です。
チョコレートや干しぶどう、キャラメルといったお菓子なども大事な非常食になります。
このようなものは、ポケットの中にしまって持ち歩けるのでかさばらないという利点があります。

そのほかにもチーズや羊羹といった食べ物も便利です。
ある程度の塊で持っていくと、グループ登山を行う際にも使えます。
火を通さずに食べられる食べ物は、非常食として便利なので選ばれやすいようです。

水が無くても食べられるもの

「非常食」というと缶詰や乾パン名との防災グッズが思い浮かぶかと思います。
ですが登山でいう非常食というのは少し違うようです。

登山では水が無くても食べられるものも非常食として使われます。
以前は乾パンなどが使われていましたが、当日食べるものであれば食パン・菓子パンでも問題はありません。

意外なもので甘納豆など、つばが出やすい食べ物も便利です。

飲み物のように摂取できる物としてはマヨネーズが挙げられます。
そのまま飲むことに躊躇う人も多いですが、乾パンに乗せて食べるなどの工夫で摂取しやすくなります。
そのほか練乳などもカロリーが高く貴重な非常食になります。

こんなものまで非常食に?

非常食の中には「こんなものまで非常食に?」と思うものも数多くあります。
例えば冷凍保存したシチューやカレーなども非常食になるんです。
溶かして食べるのではなく、凍らせたままかじることによって、火を使わず非常食として食べられるのです。

またカナダのほうで食べられるのがペミカンと呼ばれる非常食です。
シカなどの動物性の脂肪と干し肉、さらにはドライフルーツなどカロリーのある物を固めて食べます。
日本ではあまりなじみの無い食べ物でも、登山をする人々の中ではお馴染みの非常食だったりします。

非常食は登山だけではなく、様々なシーンで必要とされるものです。
日常生活の中でもエレベーターの中など、意外な場所で長時間拘束される事もあります。
日頃から非常食についての知識を持ち、いざという時にそなえましょう。