スラックライン

綱渡りがレジャーになった

綱渡りというと、多くの人が想像するのはやはりサーカスなのではないでしょうか。
しかし、実は最近ではこの綱渡りがレジャーとなり、アウトドアで楽しまれるようになっているのをご存知でしょうか。
それこそが、このページで紹介する「スラックライン」というものです。

このスラックラインの特徴は、特殊なアウトドアの多くがインストラクターを必要であり、専門の設備が必要であるのに対して、最低限の道具さえ揃えれば誰でも、自分だけで行うことが出来る、ということにあります。
準備するべきなのはラインと呼ばれる綱だけで、これは専用のものが市販されていますので、最低でもこれだけ購入しておけば誰でも行うことができます。

競技として行われるスラックラインにはいくつかの種類があり、競うものに違いがあります。
どれだけ華麗な技で渡るのか、ということを競うのがトリックラインと呼ばれるもので、最もサーカスに近いタイプの競技の種類です。
その他にはどれだけ長く歩いていけるかを競うロングラインや、どれだけ高い綱を渡れるかを競うハイラインなどがあります。

ただし、個人のアウトドアとして行う場合には安全性を考慮しなければなりませんから、トリックラインやハイラインを行おうとするのはやめておきましょう。
あくまでもレジャーとして、スラックラインを楽しむ方法をここから先では紹介していきます。

スラックラインの楽しみ方

では、具体的なスラックラインの楽しみ方を簡単に紹介していきたいと思います。
スラックラインを楽しむためには、必ず必要になるのがラインと呼ばれる綱です。
この綱は市販で販売されているため、簡単に入手することができます。

中にはラインの他に巻き取り用の装備などが組み合わさったセットも販売されていますので、そういったものも合わせて検討してみると良いでしょう。
渡る際にもう一つ重要なのは靴で、安定性の高い靴を選択することでより遠くまで綱渡りを楽しむことが出来ます。

まず綱のセットアップとして気をつけるのは、綱を貼る場所の選定です。
下が舗装道路のような場所では落下した際に危ないために、土が下となる場所を選ぶようにしましょう。
この際、高さは30センチ程から、膝ぐらいまでの高さにしておくのが事故を避けるためのポイントとなります。

木の選び方

アウトドアで行う場合は木に結んで行うことが多くなりますが、結ぶ木の選択というのも重要になります。
木は直径25センチを超えるものを選択するのがベストだとされていて、それ以下であったり老木であったりすると体重に耐え切れず折れてしまう可能性があります。
また、木を結ぶ際には直接結ぶと木肌を傷つけてしまうことになりますから、間にタオルなどを巻いてしっかり保護を行うようにしましょう。

勿論、もう一つ忘れてはならないのが、他の人の邪魔にならないように張るということです。
この際、基本的にロープをピンと張るほど安定して渡りやすくなります。
あえてロープを緩く張ることでその不安定さを楽しむロデオラインという楽しみ方もありますので、慣れてみたらチャレンジしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

手軽さが何より嬉しいのがこのスラックラインです。
まだアウトドアで何を楽しめば良いかわからないという人は、まずこれから初めてみては如何でしょうか。

ツリークライミング

木登りは進化している!

では、1つ目のアウトドアとして紹介するのは「ツリークライミング」です。
文字通りこれは木登りのことではあるのですが、皆さんが想像される木登りとはかなり違って来ているというのはご存知でしょうか?
木登りというとそれほど高くない木に身一つで登っていくものが基本ですが、ツリークライミングでは安全性を向上させた上で、より高い木に登っていけるような配慮が為されています。

まず、命綱をしっかりと設置しているために、途中で力尽きてしまっても安全に降りてくることができるようになっているのは安心できるポイントの一つでしょう。
大人は勿論のこと、子供も一緒にアウトドアに行くのであれば、こういった安全性の配慮というのはとても重要になります。
命綱は専用のサドルと呼ばれる安全帯に結び付けられていますので、それほど違和感もなく上まで登っていくことができるようになっているのです。

さらに、その他の用具というのもかなり進化を遂げています。
ロープに設置して利用する、アッセンダーとディセンダーという用具は、これで昇降が行えるようになっています。
ロープも特殊なものを利用していて、ほとんど伸縮しないものとなっています。

本来こういったクライミング系のアウトドアでは伸縮性の高いロープが利用されることが多いのですが、ツリークライミングは垂直に登っていくという性質上、伸びるロープだと登ることが出来ません。
それに対処するために、頑丈性が高く便利な延びないロープというものが使われているわけです。

木登りの醍醐味は降りるところにあり

普通の木登りを体験したことがある人なら分かると思いますが、木登りというのは実は登る段階よりもおりる段階の方が難しく大変です。
事故や怪我を負ってしまうのも、実はほとんどが降りるタイミングなのです。
というのも、登る時には自分が行く先が目の前に見えていますが、降りる時には足元を見ることが出来ません。

無理に下を見ようとすることで体勢を崩してしまったり、足がすくんでしまったりすることで落ちるといった事故が起きやすくなっているわけです。
このツリークライミングではそんな降りる時の事故を防ぐための配慮がしっかりと行われています。
安全に楽しむことが出来るというのは、アウトドアの大前提となります。

ツリークライミングは行える場所が特殊でなかなか場所の選定が難しいですが、是非探してみるのは如何でしょうか?
実は場所によっては障害がある子供でも参加できるような設備や協力が得られる場合があります。
なかなか障害のある子供が楽しめるアウトドアというのは少ないので、お子さんがそういった症状をお持ちの場合でも、諦めずに探してみるのが良いでしょう。

外で遊ぼう!

外での遊び方は沢山ある

a1180_001099ここでは、アウトドアの楽しみ方について、その種類から紹介していきたいと思います。
アウトドアというのは遊び方の大きなカテゴリーの一つであり、アウトドアという言葉自体が詳細にどのような遊び方をするかを示しているものではありません。
外で遊ぶこと、これ自体がアウトドアであってそれ以上でもそれ以下でもないのです。

今のようにインドアが主流になる前の時代であれば、その場その場でアウトドアの遊び方というものを見つけることが可能でした。
ただ、現代になってそのようなことはなかなか難しくなっているのは事実です。
自分が子供の頃、アウトドアで遊んでこなかった人が大人になったとして、いきなりアウトドアの楽しみ方が理解できるわけはそもそもないのです。

だからといってその時点でアウトドアを諦めてしまう必要はありません。
今はまだ知らないのであれば、アウトドアの楽しみ方を学んでいけば良いのです。
この「外で遊ぼう!」のカテゴリーでは、主にアグレッシブに遊べるアウトドアの方法というものを中心に紹介していきたいと思います。

アウトドアといえばキャンプなどがイメージの代表だと思いますが、それよりもより特殊で、そこでしか楽しめないような内容のものが中心です。

アウトドアのラインナップ

さて、ではここからはこの先で紹介するアウトドアのラインナップについて簡単に紹介していきたいと思います。
詳しい説明は各ページで行っておりますので、そちらを参照するようにして下さい。

「ツリークライミング」とはいうのは、簡単に言えば木登りのことです。
とはいってもそのまま登るのでは危険ですから、命綱などの準備をした上で登っていくことになります。
子供の頃に体験した木登りとはまた違った醍醐味を感じることができるでしょう。

「スラックライン」というのは綱渡りのことをいいます。
綱渡りがアウトドアに?という疑問がある人も多いかと思いますが、実は最近になってかなり流行しているのです。
いきなりでも始めることが出来るアウトドアとして、手軽に楽しみたい人を中心に人気が広がっています。

「サバイバルゲーム」は、エアガンなどを使って行う模擬戦のことをいいます。
多くのサバイバルゲーム場は野山に設置されているものが多いために、野戦を楽しむことが出来るようになっています。
他のアウトドアに比べて装備を調えるのに知識がいるなど、ハードルは多少高いものの、他では楽しめないようなアウトドアとなるでしょう。

「ラフティング」は、渓流下りのことをいいます。
ゴムボートを使って激流を下ることで、涼しい中でアウトドアを楽しむことが出来ます。
個人で行うのは難しい上に危険なので、インストラクターのいる場所で申し込むのが基本となります。

「バンジージャンプ」は、説明は不要ですよね。
高いところからジャンプするという、単純明快なアウトドアの方法で、景色とスリルを楽しむ事ができます。
これもラフティング同様専門の設備があるところで行うのが基本となります。

「パラグライダー」は、空中散歩を楽しむことが出来るアウトドアです。
行うことが出来る場所が非常に限られているものの、他では味わえない、空からの景色と風になったような爽快感を味わうことが出来るのが特徴となっています。
その機会こそは少ないものの、一度体験してみたいアウトドアですよね。

勿論、アウトドアはこれ以外にもまだまだ沢山の方法があります。
ただ、全部を紹介しきるのは難しいので、ここではこの6つについて詳しく紹介していきたいと思います。
この中からやるものを見つけるのも良し、それ以外に興味を持ってもらう入り口としていただくのも良し、です。

ツリークライミング

ひと味ちがう木登り

スラックライン

綱渡りがレジャーに

サバイバルゲーム

銃撃戦を楽しめる

ラフティング

涼しさとスリルが魅力

バンジージャンプ

怖さが魅力になる

パラグライダー

空中散歩のアウト・ドア