外で遊ぼう!

外での遊び方は沢山ある

a1180_001099ここでは、アウトドアの楽しみ方について、その種類から紹介していきたいと思います。
アウトドアというのは遊び方の大きなカテゴリーの一つであり、アウトドアという言葉自体が詳細にどのような遊び方をするかを示しているものではありません。
外で遊ぶこと、これ自体がアウトドアであってそれ以上でもそれ以下でもないのです。

今のようにインドアが主流になる前の時代であれば、その場その場でアウトドアの遊び方というものを見つけることが可能でした。
ただ、現代になってそのようなことはなかなか難しくなっているのは事実です。
自分が子供の頃、アウトドアで遊んでこなかった人が大人になったとして、いきなりアウトドアの楽しみ方が理解できるわけはそもそもないのです。

だからといってその時点でアウトドアを諦めてしまう必要はありません。
今はまだ知らないのであれば、アウトドアの楽しみ方を学んでいけば良いのです。
この「外で遊ぼう!」のカテゴリーでは、主にアグレッシブに遊べるアウトドアの方法というものを中心に紹介していきたいと思います。

アウトドアといえばキャンプなどがイメージの代表だと思いますが、それよりもより特殊で、そこでしか楽しめないような内容のものが中心です。

アウトドアのラインナップ

さて、ではここからはこの先で紹介するアウトドアのラインナップについて簡単に紹介していきたいと思います。
詳しい説明は各ページで行っておりますので、そちらを参照するようにして下さい。

「ツリークライミング」とはいうのは、簡単に言えば木登りのことです。
とはいってもそのまま登るのでは危険ですから、命綱などの準備をした上で登っていくことになります。
子供の頃に体験した木登りとはまた違った醍醐味を感じることができるでしょう。

「スラックライン」というのは綱渡りのことをいいます。
綱渡りがアウトドアに?という疑問がある人も多いかと思いますが、実は最近になってかなり流行しているのです。
いきなりでも始めることが出来るアウトドアとして、手軽に楽しみたい人を中心に人気が広がっています。

「サバイバルゲーム」は、エアガンなどを使って行う模擬戦のことをいいます。
多くのサバイバルゲーム場は野山に設置されているものが多いために、野戦を楽しむことが出来るようになっています。
他のアウトドアに比べて装備を調えるのに知識がいるなど、ハードルは多少高いものの、他では楽しめないようなアウトドアとなるでしょう。

「ラフティング」は、渓流下りのことをいいます。
ゴムボートを使って激流を下ることで、涼しい中でアウトドアを楽しむことが出来ます。
個人で行うのは難しい上に危険なので、インストラクターのいる場所で申し込むのが基本となります。

「バンジージャンプ」は、説明は不要ですよね。
高いところからジャンプするという、単純明快なアウトドアの方法で、景色とスリルを楽しむ事ができます。
これもラフティング同様専門の設備があるところで行うのが基本となります。

「パラグライダー」は、空中散歩を楽しむことが出来るアウトドアです。
行うことが出来る場所が非常に限られているものの、他では味わえない、空からの景色と風になったような爽快感を味わうことが出来るのが特徴となっています。
その機会こそは少ないものの、一度体験してみたいアウトドアですよね。

勿論、アウトドアはこれ以外にもまだまだ沢山の方法があります。
ただ、全部を紹介しきるのは難しいので、ここではこの6つについて詳しく紹介していきたいと思います。
この中からやるものを見つけるのも良し、それ以外に興味を持ってもらう入り口としていただくのも良し、です。

ツリークライミング

ひと味ちがう木登り

スラックライン

綱渡りがレジャーに

サバイバルゲーム

銃撃戦を楽しめる

ラフティング

涼しさとスリルが魅力

バンジージャンプ

怖さが魅力になる

パラグライダー

空中散歩のアウト・ドア

のんびり系アウトドア

ゆっくり楽しみたい人に

a1180_005224外で遊ぼう!の項目では主に体を使うような、アグレッシブなアウトドアについて紹介してきました。
とは言え、人によっては体力に自信がなかったり、体を使うのがあまり好きではなかったりする人も多いかと思います。
ただ、アウトドアといえばそういった体を使う方法ばかりなのかというとそうではありません。

アウトドアというのは、外で遊ぶことを指しているだけの言葉です。
そのため、外で出来ることなら、何も体力を使わない遊びだって良いわけです。
ここではそんな人のために、ゆっくり楽しむことが出来る、のんびり系アウトドアを紹介していきたいと思います。

のんびり系アウトドアにはどんなものがある?

では、この先で紹介していくのんびり系アウトドアについて、まず簡単にさわりだけ紹介していきたいと思います。
勿論ここで紹介するもの以外にものんびりと楽しめるアウトドアは沢山ありますから、自分が楽しみたいものを考えつつ選んでいく参考にしてみてください。

1つ目として紹介するのが「森林浴」です。
森林浴というのは森や林などで自然の癒やしを全身で感じることによってリフレッシュをすることを目的にしています。
森の中を探索してみることで、自然を楽しむことも十分可能ですし、それほど体力が必要になることもなく、テラピーの一つとして利用されることすらあるものです。

2つ目として紹介するのは「バードウォッチング」です。
全国に野鳥の会があることからも分かるように、鳥の観察というのはなかなか趣深いものなのです。
都会ではなかなか見ることが出来ないような鳥も自然のなかで見つけることが出来ますから、双眼鏡と簡単な鳥辞典を持って臨んでみると意外な楽しみとなるかもしれません。

3つ目として紹介するのは「ハンモック」です。
ハンモックというとキャンプのイメージとしてもかなり上位に上がるものではないでしょうか?
にも関わらず、実際にしたことがあるという人は意外に少ないのがこのハンモック利用したお昼寝です、ゆっくり自然に揺られながら眠るのも、十分アウトドアの一つとなるでしょう。

4つ目として紹介するのは「釣り」です。
釣りは昔から男性にとってはよくあるレジャーの一つとして楽しまれてきました。
待ち時間が長いなど、ゆったりしたレジャーではあるものの、だからこそ友人や家族と話をしながらでも出来るのが魅力となるでしょう。

5つ目として紹介するのは「花火」です。
夏の風物詩の一つでもある花火も、アウトドアで行えば勿論アウトドアレジャーの一つとなります。
ただ、普通に花火をするだけではなく、より楽しむための方法というものを紹介していきたいと思います。

のんびり系アウトドアとしては、この5つを紹介します。
やったことがないアウトドアだったとしても、ハードルが低いのがのんびりしたアウトドアの特徴です。
軽い気持ちでも始めることが出来ますから、どれか一つから始めてみませんか?

森林浴で癒されよう

自然を感じる癒しの一つに

バードウォッチングに挑戦

美しい鳥を眺めて

ハンモックでお昼寝

自然に揺られて眠るのも一興

のんびり釣り

時間をかけてゆっくりクロストーク

花火を最大限に楽しむ方法

ただの花火じゃ味わえない!

アウトドアグッズ

必要な準備はしっかりと

アウトドアを楽しむためには、しっかり準備を進めていくことが重要になります。
楽しむための知識を仕入れるのは勿論のこと、同時に実際に利用することになる道具や装備を整えておくこともやはり重要なポイントとなるのです。
とはいっても、アウトドアの経験が浅い人ではなかなかどんなグッズを揃えるべきなのか、というのが分からない人も多いかと思います。

そこでここからは、アウトドアに持って行きたいグッズについて簡単に紹介していきます。
無くても問題がないものの、あると便利になるグッズや、無いと困るグッズなど、様々なものを紹介しますので、初めてのレジャーのための参考にしてみて下さい。

グッズ紹介のラインナップ

では、ここから先に紹介するグッズについて、簡単に紹介をしていきたいと思います。
まず1つ目に見ていくのが、キャンプグッズの基本である「テント」についてです。
1口にテントといってもいろいろな種類があり、種類毎にメリット・デメリットがあるためその辺りが分かりやすいように「テントにも種類がある」として紹介していきます。

2つ目に紹介するのが、連絡手段としての無線です。
携帯電話はアウトドアの環境では通じにくい場合も多いため、より連絡が取りやすくなる無線を紹介していきたいと思います。
難しそうなイメージがあるかもしれませんが、簡単な方法を紹介します。

3つ目に紹介するのは、夜の明かりとして重要な役目を果たすランタンです。
ガスランタンや電気ランタンなど、こちらも種類がいろいろとありますから、どのようなランタンを選ぶのが良いのか、ということを簡単に紹介していきます。

4つ目に紹介するのは、アウトドアにはつきものな傷に対処するための救急セットについてです。
アウトドアの場では、どうしても傷が付いてしまうことはあるものです。
小さな傷でもそのままにしておくとバイキンが入って化膿してしまうなど、危険度が上がる場合がありますから、いざという時のために利用できる救急セットを揃えておくようにしましょう。

5つ目に紹介するのは、雨対策グッズについてです。
勿論晴れている時に行くのが一番良いのですが、場合によってはどうしても雨が降ってしまうということはあるものです。
そんな時に全く何も出来なくなるよりも、雨対策グッズを持っていて少なくとも何かしらの活動が出来るようにしておくことが重要になります。

最後に、6つ目に紹介するのがアウトドア用品のブランドについてです。
アウトドア用品を販売しているブランドは多くありますが、それぞれのブランドがどんな特徴を持っていて、どんなものを販売しているのか、ということが分かりやすいように紹介していきます。

このように、アウトドアに関する準備情報を盛りだくさんで紹介していきます。
初めてのアウトドアの前に読んでいただいて、準備を進める参考にしてみてください。

テントにも種類がある

テントの種類とその違い

携帯よりも無線

携帯電話は通じにくい

ランタンの選び方

夜の明かりは欠かせない

救急セットを用意しておこう

ちょっとした傷にも対応を

雨対策は万全に

雨でもできることを増やすために

おすすめのアウトドア用品ブランド

安心して利用できるアウトドアブランド