発想の勝利!革命的なアウトドアグッズ

焚き火が簡単に起こせるアウトドアグッズ

革命的なアウトドアグッズとして最初にご紹介したいアイテムがあります。
それは、カジュアルにコーディネートされた焚き火台です。

見た目の斬新さは去ることながら、特殊耐熱クロスを使うなど実用性にも優れています。
そして持ち運べる焚き火台として販売されているだけあって、とても軽いんです。
この焚き火台の重さはなんと980グラムしかないんです。

この焚き火台は若者を中心に人気を誇っている、モノラルというアウトドアブランドの製品です。
このアイテムは「気軽にキャンプが楽しめる」というコンセプトのもとにつくられています。

例えば、釣りに行きます。
この焚き火台は釣り堀や川、海で新鮮食材を手に入れたときなどに活躍します。
釣ったり、捕まえたりしたその場ですぐに火を起こせて、手軽に調理することができるので大変便利です。

ちゃぶ台も持ち歩ける時代

アウトドアというと、テーブルなど洋風のアイテムが主流です。
「関美工堂」が制作したちゃぶ台は、そんなイメージを一新しました。
折りたたみが可能というだけではなく、耐久性にも優れているため、アウトドアに最適なんです。

直径は70センチと小さめながら、天然素材で作られているこだわりの一品です。
そして持ち歩きができるほど軽く作られています。

キャリーバックに入れてキャンプに持っていくと、あまりの意外さに周りから注目されてしまいそうです。
老舗店舗の粋なアウトドアグッズとも言える、斬新なアイテムです。

イスはかばんに入れて持ち運べる!

今までありそうでなかったのが、かばんに入れて持ち運べるイスです。
どれだけ軽量化しても、結局はテントと一緒に持ち歩くのが限界だと思われていました。
そんな常識を打ち破ったのがHelinoxというブランドです。

チェアワンというアイテムは、重さわずか900グラムの軽量ボディです。
なのに重さ115キロまで耐えられるという、信じられないほどの耐久性を持ったイスなのです。
収納時には手のひらで収まるサイズになるため、かばんに入れて持ち運びが出来るという驚きの収納性を持ちます。

オーストラリアのブランドということもあるのでしょうか?
日本にはないセンスにも納得&脱帽です。

オシャレなテント

人と違ったテントを使いたい、という人には「ヘイムプラネット」のTHE CAVEがオススメです。
見た目はまるで天体観測をするようなデザインをしています。
なのに、実は実用性も高い優れた一品なんです。

広げると大人3人がゆったりと寝られるほどのスペースを持ったテントに変身します。
ちょっと遠出をしたいという時にオススメのテントです。

THE CAVEが持つ最大の特徴は、テントに必要な骨組みの組み立てにあります。
テントの設営作業は、夏場などは虫と戦いながら建てなくてはいけず、苦労する人も少なくないはずです。

しかしTHE CAVEならば、専用のポンプを使って空気を入れて膨らますだけで完成です。
力もいらず、約1分という短い時間で組み立てることが出来るので、女性にもおすすめのテントです。

日々進化するアウトドアグッズには驚くばかりです。
快適になったアウトドアグッズを見ると、遊びに行きたくなりますね。