季節ごとに楽しめる味覚狩り

味覚狩り、家族で楽しみたい

世界各国、地域自慢の食べ物があると思いますが、日本にも地域、また季節に応じた食べ物があります。
冬は「味覚狩り」となると少ないかもしれませんが、春は苺、夏は桃、秋になるとぶどうや梨などを楽しめます。

自分で果物をもいで、その場で頂く、このおいしい事といったら、一度味覚狩りに行った人はきっとそのおいしさを忘れないでしょう。
今回は味覚狩りについて、その魅力や楽しみ方をお伝えします。

可愛い苺を存分に食べて

とったばかりの苺のみずみずしい事、苺狩りに行ったことがある人は、きっと、そのとりたてのアジにびっくりされたでしょう。
苺は実がなっている高さがちょうど、たって収穫できるという高さなので、大人も子供も無理なく楽しめます。
通常どこの苺園でも時間制限ありの食べ放題となっていますが、時間内で十分お腹いっぱいの苺を食べることができます。

1月中旬くらいから2月中旬くらいまで、この位が一番糖分も高くおいしいです。
狙いはガクが反り返り、表面の種が飛び出しそうなモノ、キレイなダイヤ型、大きいモノ(甘い)です。
また苺は、へたの方から口に入れるとより甘く感じます。

ぷるんと可愛い桃を狩る

桃は果物の中でも本当に季節もので、高級というイメージがあります。
でも桃の季節になると、産地ではおいしい桃狩りをたのしむことができます。

食べ放題コースでおいしい桃を食べたいだけ食べらるなんて嬉しすぎます。
桃狩りは7月くらいから8月下旬位までです。

普段からそれほど頻繁に食べることがないですし、本当に季節物となるので、桃の季節を待ち遠しいと感じている人も多いでしょう。
熟した桃は赤く、手触りは弾力を感じるようなイメージ、産毛「もうじ」が光沢を帯びています。

種類豊富なぶどう狩り

桃と並び、人気があるのはぶどう狩りです。
7月上旬位から10月中旬くらいまで楽しむことができるぶどう狩りは、何よりも、品種がとても多いという事が特徴です。
糖度が高く非常に甘い巨峰、みずみずしいピオーネ、濃くておいしいデラウェアなど、普段ガッツリ食べることが出来ないようなぶどうをたくさん食べることができるのです。

おいしいぶどうは、房全体の形が美しく、粒が取れていない物、粒一つ一つにハリがあり、キレイでつぶれ、割れも少ない、ブルームと呼ばれる白い粉がきれいについていて、色が濃い品種の場合、果皮の色が濃く、黄緑系品種の場合、黄色が強い方が甘みが強くておいしいぶどうです。

また日当たりがいいところにあるぶどうで、枝の色が茶色、茎の表面が硬い物を選択すると、おいしいぶどうにたどり着けるといわれます。
ぶどう狩りのほかにも、近くの施設にはバーベキューなど楽しめる施設があるので、調べてから行ってみるといいでしょう。