ランタンの選び方

夜の明かりは欠かせない

キャンプなどのアウトドアシーンにおいて欠かすことが出来ないのが「ランタン」です。
キャンプ場の中には街灯などがあまり設置されていない場合も多いため、夜に活動するためには自分で灯りを付けられる手段を持っていなければなりません。
そのため、少なくとも一つはランタンを持っていくことが重要になります。

とはいっても、実はランタンにもいろいろな種類があります。
そこでここでは、いくつかのランタンの種類を紹介し、それぞれのメリットとデメリットについても合わせて紹介していきたいと思います。

ランタンの種類と特徴

まず1つ目は「ガソリンランタン」です。
これは文字通りガソリンを燃料として光らせるランタンとなっています。
他のランタンと比べても光の強さがナンバーワンであり、特に暗いシーンにおいて活躍を期待することができます。

その反面でポンピングを行わないと着火できないために、多少手間が掛かるのがかデメリットとなります。
ワンマントルタイプとツーマントルタイプがありますので、そのあたりも選択する際に気をつけるようにしましょう。

2つ目は「ガスランタン」です。
専用のガスカートリッジを挿入することで簡単に着火を行うことができるため、ガソリンランタンのような手間を掛ける必要がありません。
光量もそれほど劣っているわけではありませんので、それほど強い光が必要ない場合には十分な使い勝手の良いランタンとなります。

3つ目は「卓上ガスランタン」です。
これはそのまま、テーブル上を照らす程度の灯りを出すガスランタンということになります。
光量自体は少ないものの、状況に合わせて利用することが出来るのがポイントとなります。

4つ目は「電池式ランタン」です。
これはガスなどを使わず、電池で光らせることが出来るのがポイントとなります。
最近ではLEDを搭載しているものも多くなっており、従来の電池式ランタンの弱点だった光量の弱さというのも克服されてきています。

手軽さと光量を兼ね備えているものがあれば、他のランタンの必要性が薄くなるぐらいですから、良いものを探してみると良いでしょう。
ただし、基本的にはテント内の照明用などの、サブランタンとして考えておくのが無難です。

ランタンはそれぞれにメリットとデメリットがありますから、自分の利用したいタイミングを考えて選ぶことが重要になります。