サバイバルゲーム

普段はできない戦争ゲーム

アウトドアで出来る遊びのなかでも殊更アグレッシブなものの一つであるのが、このサバイバルゲームという遊びです。
他のものに比べて知らないという人も多いのではないでしょうか?
サバイバルゲームは世界的にも人気の高いアウトドアの遊びなのですが、日本では遊べる場所があまり多くはない上に、趣味としている人もあまり多いわけではありません。

サバイバルゲームは簡単に言ってしまえば山中や森林などで行う戦争ごっこだと思って頂ければ良いでしょう。
勿論実弾を使うわけではなく、専用のエアガンを利用して戦争を行うことになります。
ペイントボールを用いるタイプのものではないため、基本的に命中したかどうかというのは自己申告で決定されるために、お互いがルールを守って実施することが求められるゲームでもあります。

このゲームは本格的に行おうとすると、準備をするのに結構な費用が掛かってしまいます。
そのため、レンタルを行っている競技場などを見つけて、そこで行うという方法を取る場合も多くあります。
勿論、やってみた結果ハマってしまった、というような場合には自分専用の装備を整えて、本格的に始めることも十分考えられるでしょう。

エアガンと言っても子供のおもちゃのような性能を想像していると驚くことになります。
最近のサバイバルゲーム用銃器の進化は目覚ましく、単発銃だけではなくアサルトライフル型のものや、スナイパーライフル型のものなども存在しています。
利用する銃の種類が変われば当然それだけでゲーム性が大幅に広がることになるのです。

必要となる装備

サバイバルゲームをするにあたって準備しなければならない道具について紹介していきます。
まずは前述の通り、銃が必要になります。
エアソフトガンと呼ばれるタイプの銃ですが、メインで利用するメインアームのほか、補助を目的にして利用するサイドアームも用意することが多いようです。

例えばメインアームとしてスナイパーライフル型のものを採用するなら、近距離に来られた場合にも対処できるようにサイドアームにはサブマシンガン型のものを用意するなど、アームごとのシナジーを考慮することも重要になってきます。
銃の選択は極めて戦術的なものであるため、チームメイトなどとも相談しながら考えていくことが求められるわけです。
ただ、この銃についてはレギュレーションによって規定が違っていることも多く、拳銃型のみの使用を認めるものもあれば、お互い同じ装備だけを使って行うものなどもあり、それぞれに奥深い楽しみ方が用意されているのです。

武器が必要なら防具も必要となります。
まず、最も危ないのが目の部分ですから、サバイバルゲームにおいては必ずゴーゴルを着用することが義務付けられています。
この他の衣服については明確な規定というのはありませんが、迷彩服を用意したり、ギリースーツと呼ばれる樹木に擬態できるスーツを用意したりするなどの場合もあるようです。

サバイバルゲームを行うのはなかなかハードルの低いものではありません。
ただ、だからこそしっかりと準備をして、お互いが理解をしたうえで行うと本格的なゲームを楽しむことが出来るアウトドアとなります。
同じく楽しめそうな仲間達を集めて、対抗戦などを開いてみると大きな盛り上がりを期待することが出来るでしょう。