スキーとスノーボード

ウインタースポーツといえばスキー、スノボーです

バブル全盛期、スキーに行くことが一つのステイタスでした。
その後、スキーの後に入ってきたスノボーに若い世代が飛びつき、大人気となり、今ではゲレンデにスノボー専用ゲレンデがあるくらい、日本でも世界でもメジャーなスポーツです。
ゲレンデを颯爽とすべり降りてくる姿はカッコよく、ゲレンデで恋すると街に来てからがっかりするといわれるくらい、スキー、スノボーがうまい人はカッコいいといわれたものです。

スキーもスノボーも、雪の上を滑るという事に変わりありませんが、違いも大きいです。
その違いを知っておきましょう。

スキーとスノボーの違いは何か

スキーは2本の板とストック、専用のブーツを利用します。
スキー板も最近のものは、両先端が少し太くなっているデザインで、中心部が細いカービングスキーと呼ばれるものが一般的です。

カービングスキーの特徴としては、ターンしやすいという特徴があります。
以前は身長にプラス10cmした長さのスキー板を選ぶと良いと言われていましたが、カービングスキーの場合、身長マイナス10cmなので持ち運びやすく、また扱いやすくなっています。

スキーはなんといってもスピードを楽しむスポーツです。
風を切るように滑ってくる間隔はスキーならではです。

スノボーは1枚の板、スノボー専用のブーツを利用します。
両足を板にのせて滑る、ストックがないという事がスキーとの大きな違いです。

スキーは斜面に対し真正面を向いて滑りますが、スノボーの場合、斜面に対して横向きの体制で滑ります。
ゲレンデを斜めにジグザグに動いていくという感覚です。

スノボーはスキーよりも持ち運びが楽で、スピードを楽しむというよりも、テクニックを楽しめるスポーツです。
スピード感も楽しめるのですが、でこぼこのコースではジャンプを決めたり、カットなどのテクニックを駆使する事が出来、よりアクロバティックな魅力があります。
若い人にとってはスキーよりもスノボーの方がファッショナブルで、私服に近いという点も人気の要因となっているのでしょう。

初心者が始めるには

ウインタースポーツを全くしたことがない、初心者という場合、基礎を覚えるという意味で、スキーから始める方がいいかもしれません。
ウインタースポーツはまず、安全に停止できるように転び方から習いますし、雪の上でどのようにバランスをとるのかという事を習います。
そのため、スキーから入っていく方が、スノボーも上達するかもしれません。

バランスがモノをいうウインタースポーツにあって、スキーはストックがあるので、初心者の方にすれば、安心感が違います。
またスノボーは、意外と早くマスターできるといわれますが、スキーはインストラクターに指導してもらう方が安心なので、スキーから初めて慣れてきてからスノボーに行くといいでしょう。