ラフティング

爽快感のある激流下り

アウトドアが行われる場所としては、森林や野山などが代表的ですが、同時に川遊びというのも大きな一つの選択肢となるでしょう。
ここでは川で行うことが出来るアウトドアとして代表的な「ラフティング」について紹介していきたいと思います。
ラフティングというのは、複数人で乗るゴムボートに乗って川下りを行うというアウトドアです。

川の中を下っていくことができるために爽快感にあふれており、主に夏場のレジャーとしてよく利用されます。
ゆっくりとした流れの川を下る場合もありますが、多くの場合は激流を下ることで、スリルを楽しむようにする場合が普通です。
幸いにして日本は急な川が多く存在しているため、こういった激流下りタイプのラフティングであるホワイトウォーターラフティングが行える場所も少なくありません。

日本でラフティングを行いたい場合には、基本的にはコマーシャルラフティングと呼ばれるタイプのものになります。
これは自分が道具などを用意するのではなく、業者が用意している道具やインストラクターをレンタルして行うというものです。
日本国内には50以上の河川でこのコマーシャルラフティングが行われていますから、ラフティングが出来る川を選んでみるのもいいのではないでしょうか。

安全面には要注意

ラフティングは川で行うアウトドアですから安全面には十分注意しなければなりません。
当然乗る際にはライフジャケットの着用が必要で、体力などに不安がある人は万が一のことを考えてやめておいた方がよいでしょう。
また、業者選びも重要なポイントとなってきます。

というのも、国内におこるホワイトウォーターラフティングのインストラクター資格というのは取得が非常に簡単なものであるため、場合によってはそれほど実力を持っていない人にあたってしまう可能性もあるためです。
そのようなことが無いように、事前に利用したい業者の実力などを調べておくのが良いでしょう。
過去に事故を起こしているといったような情報があった場合には別の川のラフティングを探した方が無難かも知れません。

数はそれほど多くはありませんが、実際に死亡事故というのも発生しているアウトドアでもあります。
用心するに越したことはありませんので、じっくり選定しておきましょう。