バンジージャンプ

レッツバンジー!スリルと爽快感が癖になる

さて、次のアウトドアとして紹介するのは、バンジージャンプです。
もうこの言葉を聞いただけで「勘弁してくれ」と思う人も少なくないのではないでしょうか。
確かにバンジージャンプは高所恐怖症の人にとっては全くお勧めできるアウトドアではありませんが、高所が大丈夫で、スリルを楽しむことができる人なのであれば、十分選択肢に入るものです。

今更バンジージャンプがどういったものなのか説明する必要もあまり無いかとは思いますが、一応簡単に説明しておきます。
バンジージャンプは高所からゴムを付けた状態で飛び降りることで、フリーフォールのスリルを楽しむことができるというものです。
スカイダイビングに比べると安全性も高く、気軽に楽しめる場所が多いためにアウトドアの一つとして選択されることも少なくありません。

最近では上から飛び降りるタイプのスタンダードなバンジージャンプに加えて、下から打ち上げるタイプの逆バンジーなども登場しており、また違ったスリルを楽しむことができるようになっているのも魅力です。
とはいっても、やはり誰にでもお勧めできるというものではありませんから、自分がスリルを楽しめるタイプの人間なのかどうか、しっかり相談しつつ決めるようにしましょう。
国内でも数が少ないながらも事故が発生したこともあるため、安全性がしっかりとしている場所で行うことが重要になります。

国内でバンジージャンプができる場所

では、国内でバンジージャンプができるスポットについていくつか簡単に紹介していきたいと思います。

一箇所目として紹介するのは仙台ハイランドです。
遊園地である仙台ハイランドには高さ31メートルものバンジージャンプが用意されています。
また、通常タイプのバンジージャンプだけではなく横バンジーや逆バンジーといった別のものも用意されており、いろいろなバンジーを楽しむことができるのも魅力となっています。

二箇所目として紹介するのはよみうりランドです。
こちらも遊園地ですが、20メートルのバンジージャンプ設備があります。
神奈川県川崎市とアクセス性にも優れた立地なので、都内からでも簡単に訪ねて行くことができるのもポイントの一つでしょう。

三箇所目として紹介するのは南知多グリーンバレーです。
バンジージャンプの高さは20メートルで、他にもスカイコースターなどの遊具で楽しむことができるスポットとなっています。
バーベキューなども楽しめるため、バンジーと一緒に楽しむ準備をしていくと良いでしょう。

最後に紹介するのは、セントレジャー城島高原パークです。
バードマンというバンジージャンプがあり、30メートルの高さからのジャンプを体験することができます。
九州でバンジージャンプができる場所は多くないため、貴重な選択肢となるでしょう。

このように、日本国内にはバンジージャンプを楽しめる場所が意外に多く存在しています。
これ以外にもいくつかありますので、いきたいバンジージャンプ先を探してみると良いのではないでしょうか?